お金

中古が人気!ワンルームマンション投資を行おう

  1. ホーム
  2. 資金調達の効率化ため

資金調達の効率化ため

お金

保証会社が連帯保証人に

現在では多くの企業が、資金の一部を使って不動産を購入し、それを賃貸物件にすることで、家賃収入を得ています。継続的な家賃収入により、やがては不動産購入に使った資金を取り戻すことができます。そしてその後も、賃貸物件がある限りは家賃が支払われるので、それにより資金は元よりも増えていくことになるのです。ところが中には、家賃がたびたび滞納されることで、家賃収入をスムーズに得ることができないというオーナーもいます。その場合、資金を増やすどころか、不動産購入に使った資金を回収することも困難となります。そのようなオーナーをサポートするために、保証会社によって実施されているサービスが、家賃債務保証です。家賃債務保証とは、入居者にとっての連帯保証人の役割を、保証会社が担うというサービスです。つまり入居者が家賃を滞納した場合、オーナーは保証会社に連絡すれば、そこから支払ってもらえるようになるのです。また、家賃債務保証を利用することで、その賃貸物件では入居者が増えやすくなります。連帯保証人がいないために、本来は入居できないような人でも、保証会社が連帯保証人代わりになれば、入居可能となるからです。このように、滞納による利益のマイナスを回避できる上に、入居率も高まるのですから、家賃債務保証はオーナーにとって大きなメリットがあると言えます。そのため多くのオーナーが、家賃債務保証を利用して、資金調達を効率化させています。