男女

中古が人気!ワンルームマンション投資を行おう

お金

資金調達の効率化ため

資金調達のために賃貸経営を開始しても、家賃が滞納されることがあります。しかし家賃債務保証を利用すれば、滞納された家賃を保証会社に支払ってもらうことが可能になります。さらに保証会社が連帯保証人代わりとなることから、入居者が増えやすくなります。

メンズ

リロケーションを活用

リロケーションは空き家や空き部屋を借主に貸し出すサービスです。空き家を貸すことによって、あらゆるリスクを軽減することができます。例えば、留守中の悩みであるダニやカビの繁殖などもリロケーションすることによって、解決できます。

セミナー

色々なテーマがあります

最近では、いろいろなテーマで不動産投資セミナーが行われています。不動産投資セミナーに参加するのであれば、主催者側に内容を確認してみるとよいです。特に有料の不動産投資セミナーは、内容がわからないまま参加するのは避けましょう。

フリーランサーの有利さ

マンション

中古を選ぶ必要性

ワンルームマンション投資に成功する事例としてよくあるのがフリーランサーが副業として行ったというものです。フリーランスをしていると不動産投資ローンの審査が通りにくく、借り入れできる金額も少なくなりやすいのはデメリットになります。しかし、それでもなおワンルームマンション投資を行おうと考えると、必然的に単価が低い中古のマンションを選ばなければならなくなるでしょう。これが功を奏することが多いのはフリーランサーのワンルームマンション投資の特徴です。フリーランサーとして働いていると節税についてよく考えるようになり、投資をするときにいかにして必要経費を増やして所得税を抑えるかと考えてワンルームマンション投資を選ぶことがあります。この場合の成功は効果的に節税を行えたかどうかということになるでしょう。中古のワンルームマンションは特に古い場合には減価償却費を活用しやすいため、大幅な所得税の軽減を実現できるのが特徴です。需要がある程度見込める地域で中古のワンルームマンションを購入したら、数年間は利益を上げながら節税によって利益を得ることができるでしょう。もともと会計を自分で行っているフリーランサーは新たに増える会計業務もそれほど負担になることはなく、管理業務を委託してしまっていれば利益を生むだけのものになることが多いのです。そして、ローンが小さいので返済にかかる期間も短くて済み、減価償却が終わった後には売ってまた別の中古マンションを購入するという選択をすることもできます。